• メニューボタン
  • 薩摩熱徒
薩摩と長州の「ご縁」

一人ではできない夢も、同じ想いを持つ人同士が力を合わせて誕生。

幕末。薩長同盟が結ばれる前、坂本龍馬の仲介により長州から薩摩へ米が送られました。
この史実に着想を得て、明治維新から150年の節目を前に鹿児島大学と山口大学の農学部が共同で立ち上げたのが「薩長同盟酒プロジェクト」です。
今度は昔とは逆に、鹿児島産の米を山口へ送って日本酒を仕込むという計画が立てられ、実現に向けて鹿児島大学農学部の下田代智英准教授と山口大学農学部の荒木英樹准教授の連携のもと活動が始まりました。